国土交通省ハザードマップポータルサイトで身の回りの被害予想を確認する

更新日:

こんにちはkpapaです。自分の住む町の地震防災マップや津波ハザードマップなどの情報は、各自治体のサイトにアクセスすると情報を知ることができますが、全国のハザードマップを知ることができる国土交通省のサイトがあるのをご存知でしょうか。

ツイッターでフォローしている「首相官邸(災害・危機管理情報)」のツイートで、『国土交通省ハザードマップポータルサイト』を知りました。

自分の住む町だけでなく、親や親類の住む町、勤め先、よく出掛ける行楽地、子供の学校付近などのハザードマップを確認することができます。

どんな防災情報を知ることができるのか

重ねるハザードマップ(各種ハザード情報)

洪水浸水想定区域 河川が氾濫したときの浸水が想定される区域と深さ

津波浸水想定区域 津波の高さを7段階に色分けで表示

土砂災害危険箇所(都道府県指定)

土石流危険渓流 土砂災害危険箇所及び雪崩危険箇所の範囲または位置

急傾斜地崩壊危険箇所 土砂災害危険箇所及び雪崩危険箇所の範囲または位置

地すべり危険箇所 土砂災害危険箇所及び雪崩危険箇所の範囲または位置

雪崩危険箇所 土砂災害危険箇所及び雪崩危険箇所の範囲または位置

土砂災害警戒区域等

道路冠水想定箇所 局地的な大雨により冠水する可能性がある箇所

事前通行規制区間 大雨や台風による土砂崩れや落石等の恐れがある箇所について、過去の記録などを元にそれぞれ規制の基準等を定め、災害が発生する前に「通行止」などの規制を実施する区間。

緊急輸送道路 第一次、第二次、第三次と色分けして表示。都道府県・政令市が指定している緊急輸送道路を対象。市町村が指定する情報は含まれていません。緊急輸送道路の種別や名称は自治体によって取り扱いが異なる。

防災に役立つ地理情報

・写真、土地条件図 、沿岸海域土地条件図、治水地形分類図、明治期の低湿地、都市圏活断層図、火山基本図、火山土地条件図、色別標高図、自由な色別標高図、大規模盛土造成図

わがまちハザードマップ

地図から地方や都道府県を指定して、全国の地方公共団体のハザードマップを閲覧できるリンク集です。

ハザードマップポータルサイトを利用するには

iPhoneからアクセスして閲覧してみました。画面が小さいため地図と防災情報のメニューのバランスで少々見辛いですが、本体を横にすれば充分にスマホ画面でも閲覧できます。

できればパソコンの画面で閲覧した方が見やすいです。

「国土交通省ハザードマップポータルサイト」へのアクセスは下記のバナーからどうぞ

hmps

 

オススメ記事

1

こんにちはkpapaです。神奈川県に住んでいる私が子供の頃、今後やってくる可能性のある地震は東海沖地震というのが専らの話でした。しかし私が成人してから釧路沖地震(M7.5)、北海道南西沖地震(M7.8 ...

2

こんにちはkpapaです。自分の住む町の地震防災マップや津波ハザードマップなどの情報は、各自治体のサイトにアクセスすると情報を知ることができますが、全国のハザードマップを知ることができる国土交通省のサ ...

3

こんにちはkpapaです。大きな災害が起きた時に、一番に心配することは、まずは家族の安否ですよね。 私は神奈川県に住んでいます。東日本大震災の時は自宅マンションの上階にいました。妻は東京(御茶ノ水)に ...

-情報, 政府・自治体

Copyright© 防災非公式ガイド , 2017 AllRights Reserved.